婚活をしていると、当然、真剣に結婚相手をお互い探しているのですから、何やら、目の色が変わってきます。 こうあるべきだ、ねばならぬ的な観念、条件、ハードルの高さが災いして、次第に息苦しくなってくる物です。 恋活から始めませんか、とある時相手から言われ、それって何かしら、と思ったものの、知らないのは私ぐらいなもので、 恋愛相手探しのことだったようです。恋愛から始めれば、それが発展して結婚する人が多いのですから、恋活から 始めようと言うのは、わかるような気がします。 考えてみれば恋愛も下手だったから、相手も見つからなかったのであって、いきなり、結婚相手探しをがむしゃらにやったとて 無理だったのかもしれません。 どうしたら、相手が見つかるのだろうね、と友人に話したら、あなたの方が、フィルター掛けて見えなくしているのかもよ、 と言われたことがあります。その人となりがわからないと、誰だって不安だけれど、どっぷりつかってみる覚悟もないとね、 と言われたのは印象的でした。