ストレスはどの時代でも感じたのでしょうが特に現代はストレス社会と言われています。 人間が生活を営む上で思う様にならない事はたくさんあります。特に人間関係での些細な事がストレスの原因になります。 その人の性格にも大いに関係します。楽観的、おおらか、あまり気にしないと言う人は比較的ストレスは溜まりません。 その反対に終わった事をいつまでも考える、失敗した事を引きずる人はストレスが溜まります。 自己中心的に生きれば良いのですがそんな事も出来ません。第三者との折り合いをうまくつけながら生きる事になります。 人間的なストレスの発端はほんの些細なボタンのかけ違いです。それが10年、20年と同じ環境で仕事や生活をしていれば 大きな塊に成長します。その人との関係を切りたいけれどもそう出来なければ出来るだけ話をしない様になります。 必用最低限の事だけ話して済まそうとするのです。 気の合わない人と話をするのは嫌なものです。これこそストレスの原因になります。 ストレスを感じない人は存在しません。しかし、ストレスを軽くすることは出来ます。 意識して楽観的に良い様に考える事が必要です。